もっと面白い探検のポイントを調べましょう

チャンピオンズリーグの遠征をすべて獲得する原則

私はそれを認識しようとしています。

チャンピオンズリーグ予選と本大会1、第2戦

試合を見て、遠征の得点で試合結果が

たまに出てくるのを見たでしょう。

でも ある程度はわかりますが

混乱した時は いないの?

だから、私は今日チャンピオンズリーグの試合をしました

例を挙げて、遠征多得点原則に

説明しようとしています!

遠征多得点原則とはサッカーの試合で

1、2戦で受けられるHOME&AWAY試合で

使用されているルールです。

2つの競技のスコア合計で結果を設定するために使用します。

両方の試合のスコアを合わせた結果、もし同じ

場合によっては、遠征試合でより多くの得点を挙げる

チームが勝利を導く。
チャンピオンズリーグでは、ベスト16トーナメントの試合

●HOME&AWAY試合で2版の得点、失点の

合計でゲームを設定し、

次に、遠征、延長戦、PK戦で得点した

勝負を決める 第一戦と第二戦で

ゴールで勝負を出して、もしスコアが同じなら

遠征ゴールが優先されるのです。

同じ場合に備えて、私たちは延長線上を行き、

延長戦でも両チームが同じゴールを入れて遠征

得点の数が異なる場合、ここでも遠征

多得点が適用されます。

このルールは、ホームで第2戦を行うチームです

少し有利な点を補うことです

UEFAは、通常の時間と延長の両方に適用されます。

●1、2戦の正規時間が終わってから勝ち点と

ゴール得失点差が同じ場合に遠征多得点で

勝負を決める。

一、二戦の正規の時間が終わって点数が同じなら

延長戦に入ります。

延長戦でも遠征多得針原則を適用し

同じ数でゴールを決める

たとえ彼らが受け取っても、彼らは勝利するでしょう。

遠征多得点原則を導入する理由の1つは

遠征試合が難しく、ホームゲームがそれさえも

有利なので遠征試合で単純

守備的にして試合をルーズに

それを止める。

遠征試合でゴールを決めて有利にする

攻撃的にプレーするように設計されています。

また、PK戦をしないためにも

それが作られたと言えるでしょう。

ジェットブラッター元FIFA会長はPK戦は

サッカーの本質を失い、彼はかつてそれをやった、

11メートルのロシアのルーレットで試合の試合

単純に決定され物足りなさが残るもして

遠征の多得点原則を作り出しました

2019年、トッテナムは準々決勝でマンチェスター・シティと対戦した

試合第1戦ホームで1-0の勝利、第2戦遠征

3-4で敗れ、合計スコアは4-4で等しい。

しかし、해외스포츠중계 トッテナムはアウェーで3ゴールを決めた

といって、遠征多得点で4強進出をしました。

エトレティコ・マドリードはリバプールをホームゲームに連れて行った

1-0で勝利を収め、遠征試合で

0-1で正規の時間を仕上げ、合計スコア

1-1で、私たちは延長戦に進みます。

延長戦では、ホベルト・ピルミヌが先制ゴールで

0-2でリードが以内ヨレンテ2ゴール、モラタ1ゴール

3-2でリードした。

試合結果はATマドリードが4-2で勝利した。

この場合、リバプールは第2ラウンドを1-2で下した

勝利しても、アトマドリードは遠征の得点を挙げた

勝利を勝ち取る。

それでもATマドリードはゴールを決め

勝利を奪った

ユベントスはリヨンと第1戦の試合で

0-1で敗れ、第2戦でホームで2-1で

勝利は、合計スコアが同じであるにもかかわらず、

リヨンが遠征試合1ゴールを入れて遠征

リヨンは8試合に出場した。

今日はUEFAチャンピオンズリーグのすべてのゴールルールに

私はそれを調べました!

助けてくれた?

次回はもっと有益で楽しい

コンテンツでお会いしましょう

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다