経営体制をスピード感に構築

新韓銀行がライムCIファンドに対する金融監督院紛争調整委員会(以下、分調委)の調停案を受け入れることにした。

新韓銀行は21日、理事会を開き、このように決議したと発表した。新韓銀行は「分調委賠償案により賠償比率が確定した2人の顧客が同意した場合、賠償金を直ちに支給する予定であり、他の顧客にも同じ方法で迅速に賠償手続きを進める計画」とし「新韓銀行は昨年6月、ライムCIファンド加入顧客を対象に加入金額の50%を支給した経緯がある。同時に新韓銀行を信じて待ってくださった顧客の被害を最小限に抑えることができるようライムCIファンド資産回収に最善の努力を尽くす」と説明した。

これに先立ち、金融監督院の分調委は去る19日「新韓銀行が販売したライムファンドCIファンドの不完全販売などによる損害賠償責任に対して55%の基本賠償比率を適用し、投資家別(2人)賠償比率をそれぞれ69%および75%に決定した」と明らかにした。また、「残りの投資被害者に対しても今回の分調委の賠償基準により40~80%*の賠償比率で早急に自律調整が行われるようにする計画だ」と付け加えた。

私たちの金融グループは、今年第1四半期に6716億ウォンの純利益を収めながら、過去2019年持株会社移行以来、史上最大の四半期業績を達成した。

21日、ウリ金融グループ公示によると、ウリ金融グループの去る1・4四半期当期純利益(支配企業所有持分基準)は6716億ウォンで、前年同期比29.6%、前期比303.3%増加した。

ウリ金融グループは「コロナ19感染状況と基準金利引き下げの影響が相変わらずにもかかわらず、폰테크 収益構造の改善および非銀行ポートフォリオを拡充しながら収益基盤を拡大した結果」と話した。

主要子会社別連結当期純利益は、私たちの銀行5894億ウォン、私たちのカード720億ウォン、私たちの金融キャピタル350億ウォン、私たちの総合金融170億ウォンで、それぞれ分かった。

利子利益と利子利益を合わせた純営業収益は1兆9870億ウォンで、前期比17%増えた。

利子利益は1兆6196億で、企業の融資を中心の資産成長と低コスト性預金の増大など純利息マージンの改善努力に支えられ、前期比3%以上増加した。

利息外利益は、資産管理と有価証券部門好調にキャピタルのリース手数料などが加わり3674億ウォンを達成した。

健全性部門は前年末比で改善した。

固定利害神(NPL)の割合は0.39%で、延滞率は0.27%で、前年末と比較して良好な水準を維持した。優良資産比率とNPLカバレッジ比率は、それぞれ88.2%、162.2%記録し、将来の不確実性にも十分な損失吸収能力を確保した。

コスト効率化も達成した。販売管理コスト率が前年同期50.2%から46.2%に下落した。

ウリ金融持株関係者は「非銀行部門損益が今回の四半期に初めて1000億ウォンを超えて新規編入された子会社の損益貢献効果が本格化しており、銀行の収益性改善まで加わった」として「ウリ金融の実績改善の勢いは年中続くだろう」と話した。

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다