チケット競争順位といっても過言ではない

「私が世界で一番嫌いな試合は、ホームでライバルチームに敗北する試合だ。 特に、マンチェスター·ユナイテッドに敗北する試合を極度に嫌っているが、この敗北の後遺症は一週間ぐらい続くほど衝撃が大きい。 15年間リバプールのファンをしながら、このような試合を3回ぐらい見たと思うが、해외스포츠중계 もしかしたら今回の試合で回数が一つ増えるような不吉な予感がした。



不安はチームに対する信頼とは別に,両チームの最近の相反する記録からもたらされた. リバプールはリーグ3試合連続無勝に2試合連続無得点を記録した反面、マンUは上昇曲線を描いてリーグ1位をマークしている。 雰囲気の上ではマンUの優位が予想されたが、リバプールがこのような危機の中でライバルチームを下して反騰すればリーグ優勝に拍車をかける良い機会でもあった。



試合がアンフィールドで行われるだけに、不安よりは期待が少し大きかった。 また、ティアゴ·アルカンターラとブルーノ·フェルナンデスの中盤での戦いがどのように展開されるかも非常に期待された。 勝ち点6点の試合と呼ばれる205回目のノースウェストダービー。 月曜深夜1時半の試合だったが, 私は気にしなかった

専門センターバックなしで行う2度目の試合だ。 もちろんユース選手たちがいるが足が遅く、経験不足な点を考慮すれば、ファビニュとヘンダーソンがセンターバックを見るのが一番合理的な選択だった。 MFにシャキリが先発出場したことを除いては、大きく変動のない先発ラインナップだった。



反面、マンチェスター·ユナイテッドはラッシュフォードを前方に、側面はマーシャルとポグバ、中盤はブルーノ·フェルナンデス、マクトミニ、フレッドを置く4-5-1フォーメーションに出た。 守備とセンターを厚く管理しながら、足の速いラッシュフォードを利用した逆襲の一発を狙うという思惑だった。



前半序盤からリバプールがプレッシングを稼動し、マンUを追い詰めた。 リバプールは攻撃ラインのプレッシングはもちろん、シャキリとベナルドゥムも前進圧迫に加勢し、マンUのビルドアップを妨害した。 マンUも高い位置で時々プレスをかけながら、リバプールのビルドアップを妨害したが、全体的な流れはリバプールが主導した。 ほとんど半コートゲームと言えるほど、リバプールのボール占有率が圧倒的だった。



マンUは中盤のつなぎ目のブルーノ·フェルナンデスにボールがきちんと届かず、MF陣を通過するプレーが難航した。 しかし、右サイドにあるフォグバーを活用しながら攻撃の扉を開いた。 ポグバは右サイドから得意のロングパスで、左サイドにいるマーシャルとラッシュフォードにボールを運ぶ役割をしながら、最近フォームが落ちたアーノルドを攻略すると同時に、ブルーノ·フェルナンデスに集中していた圧迫を外した。



リバプールはアーノルドのオーバーラッピングを少し自制し、左ロバートソンを積極的に活用した。 実はこの問題が少し残念だが、リバプールは左右の側面がすべて蘇ってこそ有機的な攻撃の動きを持っていくチームだ。 片方の側面だけ攻撃に加担するのは、片方の翼を失った飛行機に他ならない。 これをシャキリーの賢いポジショニングを通じて相殺しようとしたが、最後の展開過程での細かさが残念だった。



ピルミヌとラッシュフォードがカウンターを一発ずつ交わすなど、両チームに緊張する瞬間が幾度となく交差した。 特に、ラッシュフォードは前半だけでオフサイドに7回もかかるほど後ろの空間浸透を持続的に強行した。 オフサイドを何度やっても、一つだけかかればいいというふうに。

後半戦の様相はマンUが少し優勢だった。 リバプールの攻撃陣はマンUの守備陣にその都度ふさがれ、ドリブルとボールタッチの精巧さがあまりにも欠けていた。 一方、マンUはマーシャルがアウトになり、カバーニが投入されると攻撃陣が活気を取り戻す姿を見せた。



70分以後、リバプールの機動力が急激に落ちる姿が目についた。 交代を通じてエネルギーレベルを引き上げなければならないのに、交代リストにそのような影響力を与える選手がいないのが残念だった。 75分にシャキリーがアウトになり、カーティス·ジョーンズが入ったが、攻撃ラインで決定打を放つディオゴの操舵がとても懐かしかった。



リバプールの機動力が落ちた隙を狙って、マンUの反撃が始まった。 ブルーノ·フェルナンデスとポグバがゴールポスト前で決定的なシュートを放ったが、アリソン·ゴールキーパーが相次いで好セーブし、リバプールを危機から救い出した。 今日の試合では最も決定的な瞬間であり、脅威的な瞬間だった。



アリソン·ゴールキーパーだけでなく、ファビニュの活躍もすばらしかった。 「ヴァン·ダイク」を連想させるほど、一対一の守備、パス遮断、インターセプト、クリアリングなど、すべての面で完璧だった。 今日のキープレーヤーは「アリソング」と「ファビニュ」だったと言っても過言ではないほどだった。 二人の選手でなかったら、ホームで敗北する屈辱を味わったはずだ。



試合終盤にピルミノがアウトされ、オリギが投入されたが、試合にこれといった影響を与えなかった。 そうして試合は引き分けに終わった

댓글 달기

이메일 주소는 공개되지 않습니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다